デスティニーオブクラウンの感想評価。王道的なシュミレーションRPG【おすすめゲームアプリ】

ゲームアプリ「デスティニーオブクラウン」の感想評価

こんにちは、あるからです。

今回は、ゲームアプリ「デスティニーオブクラウン」をプレイした、感想評価を書いていこうと思います。

※この記事で使用している画像は、GAMEVILのゲームアプリ「デスティニーオブクラウン」を出典としています。

今オススメの新作ゲームアプリレビュー

●FF初のストラテジー系MMORPG『FF15
●バイオ系シューティング『ガンファイア
●ダークな雰囲気がたまらないRPG『シノアリス
●バトルシーンが魅力なRPG『黒騎士と白の魔王
●かわいい和風RPG『あやかし百鬼夜行~極~

その他にも紹介中
【2017】今年配信のおすすめ最新スマホゲームアプリ厳選紹介

ゲームアプリ「デスティニーオブクラウン」とは

ゲームアプリ「デスティニーオブクラウン」の始まりは、こんな感じです。

 

かつて魔族によって滅亡の危機を迎えていた世界。

他の種族が魔族に対抗できない中、魔族を打ち破ったのは人間の王(アーウィン)だった。

しかし、平和をもたらしたはずの人間が、今度はアーウィンの後継者の地位を争い。

そして、再び世界を混乱に陥らせた。

 

後継者の証である王冠が行方不明なのにもかかわらず。

そんな状況で、主人公アシュリットは、争いに巻き込まれていく。

 

「デスティニーオブクラウン」は、そんな感じの、しっかりとしたストーリーをもつシュミレーションRPGになっているんです。

かつてはシュミレーションRPGのストーリーって、軽んじられていた時代もありましたけど。

「デスティニーオブクラウン」はそんなことがありませんね。

 

また、フルボイスな上、豪華声優陣がCVになっていて。

最近の流行を逃していないのもポイント高い。

特に、このあたりは間違いなく豪華ですね!

  • 保志総一朗
  • 雨宮天
  • 日笠陽子
  • 中原麻衣
  • 釘宮理恵

 

「デスティニーオブクラウン」は王道的なシュミレーションRPG

「デスティニークラウン」のストーリー自体、RPGとして王道的な感じですけど。

それ以外もそうなんですよ。

例えば、最近のゲームだと、主人公キャラが選べる作品も多いですけど。

「デスティニーオブクラウン」は、昔ながらの主人公固定ですし。

なにより、シュミレーションの要素が、まさにそうなんです。

 

上の画像を見ていただけるとわかる通り。

「ファイアーエンブレム」や「タクティクスオーガ」に通じるような戦闘を行いますからね。

必殺技の派手さなど、最近のゲームなのは間違いないですけど。

でも、キャラを攻撃範囲まで移動させ、攻撃させるといった従来通りのシステムのおかげで。

以前から、シュミレーションRPGをプレイしている人にも満足してもらえるんじゃないかと思うんですよね。

 

「デスティニーオブクラウン」はなかなかの歯ごたえ

複数の考慮要素

それに、「デスティニーオブクラウン」は、なかなかの歯ごたえのあるシュミレーションRPGですしね。

決められたターン内に終えなければならないというのは当然として、他にも考える要素がいっぱいあって。

 

たとえば、属性を意識した攻撃をしなければならないということ。

これは定番ですので、問題ないですけどね。

自分のキャラと敵キャラの属性を意識して攻撃しないと、せっかくの自分の攻撃が無駄になってしまうこともありますから。

 

また、味方キャラの攻撃範囲や効果も考え、バランスの良いユニットを作成しないといけないということも大事。

敵が強くなるにつれて、全体攻撃や特殊効果といったことのありがたみがあがる反面。

遠距離攻撃が得意なキャラは、撃たれ弱かったりしますから。

そういったことを考慮して、ユニットを作成していかないといけないんです。

 

さらに、「デスティニーオブクラウン」は、地形を考慮した移動も非常に大事

地形には、高低差があるんですけど。

高い所から低い所への攻撃は、効果が高く。

逆に、低い所から、高い所への攻撃は、効果が低いんです。

敵が強くなってくると、こういう些細なことがものをいってくるので、これも無視できませんね。

 

「デスティニーオブクラウン」の難易度

あと、考慮要素とは違うのですけど。

そもそも「デスティニーオブクラウン」は、序盤から敵がある程度強いんですよね。

本当に最初の頃は、全然大したことがないので、強化なし&オートバトルとかでやっていくんですけど。

すぐにそんなことはなくなってしまいます。

 

具体的にいうと、自分の場合は、ストーリーモードで、「6ターンもちこたえろ」といった指示がでたところでしたね。

このとき、味方キャラの1体がワンパンチでやられてしまって、難儀したことしたことw

何度やっても、結果がかわらないので。

おかげで、しっかりと味方キャラを強化し。

弱点や高低差を意識した戦略を、この時点から考えるようになったもんです。

 

こういったことが絡み合って、「デスティニーオブクラウン」に歯ごたえを感じるようになりましたね。

 

「デスティニーオブクラウン」のガチャについて

「デスティニーオブクラウン」は、フラン(上の女の子)に頼んで、ガチャを回すことになります。

フランかわいいですよね。

間違いなく、上位に入るかわいさですから、このフランに会うためにガチャを回しに行っているといっても過言ではないw

 

そんなガチャの感じですが、「少しシブいかなー」っていうのが、回してみた感想ですね。

1回召喚をとりあえず連続で5回まわしてみましたが、全部☆3のキャラでしたから。

 

まぁ、11回召喚は、全然別物ですけどね。

だって、1回召喚では1体も出なかった☆4が6体。

☆5が1体ですもん。

こっちはかなり優秀なガチャになっていますね。

 

なので、「デスティニーオブクラウン」でガチャを回すなら。

我慢して11回召喚でやらないともったいないです。

ガチャは回したくなりますけど、もし無課金でプレイするときには。

これを意識してプレイした方がいいでしょうね。

 

「デスティニーオブクラウン」のリセマラの方法

RPGの場合、やっぱりリセマラをすべきかどうかは結構気になるところだと思います。

そして、「デスティニーオブクラウン」に関しては、リセマラはやっておいた方がいいと思いますね。

難易度高めの敵も出てきますし。

なんといっても、簡単にできますからね。

 

そのリセマラの方法ですが。

①アプリをインストール

②データダウンロード後、ゲストでスタート

③チュートリアル

④真理の書庫を解放し、ジェムを受け取る(11連ガチャ分)

⑤好きなキャラが出たら終了。でなかったら、アプリをアンインストール

⑥また①に戻る

こんな感じで、最近ゲームアプリのリセマラの中ではかなり簡単ですね。

ゲストでスタートすることとに気をつけ。

気にいらなかったら、アンインストールすればOKなだけですから。

 

何度かやりましたけど、安定したwifi環境とかなら、だいたい5~10分もあればできるんじゃないでしょうか。

初回だけ手間取って10分ぐらいかかりましたけど。

それ以降は、スキップ使いまくるとすぐ終わります。

なんといっても、チュートリアルもスキップできる新設設計ですし。

1番時間がかかるのって、間違いなく②のデータダウンロードですから。

 

なので、リセマラやるなら音声データをどうするかってのは結構大事なポイントですね。

ゲームを音なしでもOKなら、もっと早くなりますもんね。

個人的にはせっかくなので、できたら音声データはあった方がゲームを楽しめると思いますけど。

 

まとめ

というわけで、「デスティニーオブクラウン 」の感想評価を書いてきました。

どちらかというと、初心者にはとっつきにくいゲームではありますけど。

でも、慣れてしまえば楽しく、長いことかけてプレイできるタイプのゲームになっています。

昔からのプレイヤーも、初心者もとりあえず試してみて欲しいゲームです。

ちょっと懐かしい感じのするシュミレーションRPGだね!
ストーリーもおもしろいし、歯ごたえもあるし、長時間たのしめそう!

以上、デスティニーオブクラウンの感想評価。王道的なシュミレーションRPG【おすすめゲームアプリ】、でした。

デスティニーオブクラウン

デスティニーオブクラウン
開発元:GAMEVIL Inc.
無料
posted with アプリーチ

◆他のオススメのゲームアプリについては、こちらからどうぞ。

無料なのに面白すぎる!人気のおすすめゲームアプリランキング45